グルメサイクリングには、チューブラータイヤは不向き

チューブラータイヤはクリンチャータイヤよりも軽快な走りが特徴で、タイヤがチューブを包むように、一体となっている構造のタイヤです。

ホイールへは接着することで取り付けし、リム形状がとてもシンプルになるため、ほかの構造のタイヤよりも軽量になりやすいという利点があります。

 
さらに特殊な構造によってリム打ちパンクもしにくく、タイヤ形状が真円に近いため変形も自然ですので非常に良い乗り心地があります。
プロレースでの使用率も高く、とても便利なタイヤになっています。

 

チューブラータイヤは軽くて走りも早いですが、
サイクリングには不向きです。

もしパンクなどあれば、タイヤ事交換しなくてはならないからです。