今一番欲しいフルクラムのホイールを考察

フルクラムのホイールといえば、レーシングシリーズが有名です。

特にレーシングのスポークには、リムに近づくほど広くなるという、変形断面のエアロダイナミックデザインを施し、空気抵抗の原因となる空気渦の大幅な減少を可能にさせている
らしく大いに期待できます。

フルクラムは最初から、外周の質量をリムの継ぎ目と釣り合わせるという特別なリム設計である「ダイナミックバランステクノロジー」を軸としています。
これによりホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を可能都市、非常にスムーズながらもゆがみがない回転を実現させたとの事です。

フルクラムのホイールの新しいハイエンドモデルには、それぞれのシチュエーションに特化したモデルも登場してきました。
・Racing Light

このホイールはヒルクライムで最高のパフォーマンスを発揮します。カーボンファイバー製のリムはとても軽いうえに、非常に力強いリムを持ちます。
Racing Speed XLRはタイムトライアルに特に効果を発揮し、エアロダイナミクスに軽量性を高いレベルで合わせ、とても優れた加速性能と巡航性能を合わせ門地ます。

そして、オールラウンドで使えるRacing 1の後継、新型モデルとして販売されたのが、Racing ZEROです。

上記の新ハイエンドモデルすべてに搭載されているのが、グリスが不要となるセラミックベアリング「CULT」テクノロジーです。
回転抵抗が大きく減少するのと同時に、高いレベルで軽量化が施されています。

この回転は本当にスゴイです。

脚を止めてもす~と走る感じです、

これには本当に驚きました。

さらに、Racing ZERO、1、3には、2WAY-FITというチューブレスタイヤ、クリンチャータイヤの両方に対応できるロードホイールも登場しており、これもいい感じです。