加圧トレーニングの効果は?メリットを考えてみた

加圧トレーニングとは、圧力をかけることで、普通の筋トレよりも高い効果を得るトレーニングのことです。
例えば四肢の付け根をゴムのチューブ、ベルトなどで強く縛り、血流をわざと滞らせた状態で軽めのトレーニングをするなどです。

これによって血液中の酸素量が減り、筋肉は非常に重い負荷がかかっていると感じ、勘違いをします。
大きな負荷をかけた時にしか使わない筋肉群もフルに稼働させる上に、成長ホルモンも強い負荷をかけた時ぐらいの量を分泌させるんです。

ジムなどで行うような、重い負荷を使ったトレーニングを、自宅で手軽に再現できるのが一番のメリットになっています。
付け根を縛らう素材は、伸び縮みしないものだと動作の邪魔になったり、痛みが出たりするので好ましくありません。
ゴムのベルトやチューブなど、あくまでも血流だけを妨害するようなものを使いましょう。

加圧トレーニングは、ここまで書いたように普通の高重量トレーニングと同じような効果が得られるトレーニングです。
加圧したところが筋肥大し、筋力が上がるという効果ですが、加圧トレーニングでは持久力も向上させられるのもメリットの一つになります。

通常、最大筋力を上げるとか、筋肥大をさせるようなトレーニングと、筋肉の持久力を上げるトレーニングは別々にする必要があるんです。

しかし、加圧トレーニングではこれが2つ同時にできるとして人気があります。
時間も短縮できますし、関節などの体への負担も軽減できるということです。

特に筋肉は、あくまでも高い負荷がかかっていると錯覚するだけです。
通常のトレーニングをしたときのように壊れ、それから回復するというようなことはなく、筋肉への負担や疲労を大きく軽くできるんです。

もちろん、加圧トレーニング中こそ、きつい感覚がありますが、一度ほどけばすぐに回復するということです。
通常のトレーニングだと、回復するのを待つ必要があるため、長いインターバルを設けずにトレーニングをできます。