今一番欲しいフルクラムのホイールを考察

フルクラムのホイールといえば、レーシングシリーズが有名です。

特にレーシングのスポークには、リムに近づくほど広くなるという、変形断面のエアロダイナミックデザインを施し、空気抵抗の原因となる空気渦の大幅な減少を可能にさせている
らしく大いに期待できます。

フルクラムは最初から、外周の質量をリムの継ぎ目と釣り合わせるという特別なリム設計である「ダイナミックバランステクノロジー」を軸としています。
これによりホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を可能都市、非常にスムーズながらもゆがみがない回転を実現させたとの事です。

フルクラムのホイールの新しいハイエンドモデルには、それぞれのシチュエーションに特化したモデルも登場してきました。
・Racing Light

このホイールはヒルクライムで最高のパフォーマンスを発揮します。カーボンファイバー製のリムはとても軽いうえに、非常に力強いリムを持ちます。
Racing Speed XLRはタイムトライアルに特に効果を発揮し、エアロダイナミクスに軽量性を高いレベルで合わせ、とても優れた加速性能と巡航性能を合わせ門地ます。

そして、オールラウンドで使えるRacing 1の後継、新型モデルとして販売されたのが、Racing ZEROです。

上記の新ハイエンドモデルすべてに搭載されているのが、グリスが不要となるセラミックベアリング「CULT」テクノロジーです。
回転抵抗が大きく減少するのと同時に、高いレベルで軽量化が施されています。

この回転は本当にスゴイです。

脚を止めてもす~と走る感じです、

これには本当に驚きました。

さらに、Racing ZERO、1、3には、2WAY-FITというチューブレスタイヤ、クリンチャータイヤの両方に対応できるロードホイールも登場しており、これもいい感じです。

 

加圧トレーニングの効果は?メリットを考えてみた

加圧トレーニングとは、圧力をかけることで、普通の筋トレよりも高い効果を得るトレーニングのことです。
例えば四肢の付け根をゴムのチューブ、ベルトなどで強く縛り、血流をわざと滞らせた状態で軽めのトレーニングをするなどです。

これによって血液中の酸素量が減り、筋肉は非常に重い負荷がかかっていると感じ、勘違いをします。
大きな負荷をかけた時にしか使わない筋肉群もフルに稼働させる上に、成長ホルモンも強い負荷をかけた時ぐらいの量を分泌させるんです。

ジムなどで行うような、重い負荷を使ったトレーニングを、自宅で手軽に再現できるのが一番のメリットになっています。
付け根を縛らう素材は、伸び縮みしないものだと動作の邪魔になったり、痛みが出たりするので好ましくありません。
ゴムのベルトやチューブなど、あくまでも血流だけを妨害するようなものを使いましょう。

加圧トレーニングは、ここまで書いたように普通の高重量トレーニングと同じような効果が得られるトレーニングです。
加圧したところが筋肥大し、筋力が上がるという効果ですが、加圧トレーニングでは持久力も向上させられるのもメリットの一つになります。

通常、最大筋力を上げるとか、筋肥大をさせるようなトレーニングと、筋肉の持久力を上げるトレーニングは別々にする必要があるんです。

しかし、加圧トレーニングではこれが2つ同時にできるとして人気があります。
時間も短縮できますし、関節などの体への負担も軽減できるということです。

特に筋肉は、あくまでも高い負荷がかかっていると錯覚するだけです。
通常のトレーニングをしたときのように壊れ、それから回復するというようなことはなく、筋肉への負担や疲労を大きく軽くできるんです。

もちろん、加圧トレーニング中こそ、きつい感覚がありますが、一度ほどけばすぐに回復するということです。
通常のトレーニングだと、回復するのを待つ必要があるため、長いインターバルを設けずにトレーニングをできます。

トレーニングの方法はいろいろあるの?

トレーニングをしたい、運動をしたいが時間が取れない、という悩みは、とてもたくさんの方が抱えていると思います。

短時間で高い効果を得るために必要なのは、筋肉に与える高い負荷です。
筋肉に大きい負荷を与えるほど、強い刺激となり、体への効果もすぐに表れます。

言ってしまえば、ハードなトレーニングほど、効果が高いということです。
当然、続けるのは難しく、非常につらいものではありますが、どうしても痩せたいという方は試してみてはどうでしょうか。
ただし、決して無理はしないでください。
動作が不十分だったり、回数がこなせなくても問題ありません。自分の体に合わせて1回か2回でも大丈夫ですよ。

おすすめは、体幹のトレーニングです。
体幹部の筋肉はエネルギーの燃焼力が特に高い赤筋(呼吸、血液循環などのために働く部分)が密集しており、基礎代謝を行う核となる部分になるのです。
トレーニングでピンポイントで赤筋を刺激することで、基礎代謝が見る見るうちに向上して、痩せやすい体になるということです。

トレーニングには様々な方法があるので、是非いろいろ試してみてください。